さまぬっこ帳(更新停止)

本ブログは更新を停止し、新ブログ『青春レイルロード』へ移行いたしました。

【不具合でした】ファームウェア更新でやらかした話

こんばんは

さまぬこです。

 

2018/05/17追記。

富士フイルムから本現象が不具合であるとメールが届きました。

カメラの機能をVer.3.00へ戻すためのファームウェアVer.4.01がリリースされています。

【不具合告知のページ】

http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/finepix/xt2firmware/download001.html?utm_source=MyffEmail&utm_medium=email&utm_campaign=mail180518_spt

 

ファームウェアを更新する事で不具合は解消しますが、Ver.4.0の新機能は使用できなくなります。

 

自分もひとまず戻す事とします。

 

追記ここまで。

 

本日5/8にX-T2の最新ファームウェア、Ver.4.0が公開されましたね。

http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_t2/features/page_09.html

 

新機能、フォーカスブラケットの追加やAF性能の向上、フリッカー低減機能追加、6月登場のシネマレンズへの対応などが盛り込まれているようです。

 

ファームウェア更新による機能向上は喜ぶべきニュースなんですが、ファームウェア更新前に撮影した写真をRAWから無編集でjpgへ変換すると、なぜか一段明るい状態で仕上がるようになってしまいました。

 

??

 

かといって、単純に明るさを下げても元のようには戻らず…なんだかパッとしない淡白な写真になってしまいました。

 

もちろんファームウェア更新後の写真はなんの問題もなく現像できます。

 

…やってしまったなぁ…次からは気をつけよう。

 

f:id:ms_izm:20180508224323j:imagef:id:ms_izm:20180508224333j:imagef:id:ms_izm:20180508224353j:image

f:id:ms_izm:20180508224404j:image

f:id:ms_izm:20180508224414j:image

それでは。