さまぬっこ帳(更新停止)

本ブログは更新を停止し、新ブログ『青春レイルロード』へ移行いたしました。

レンズ交換の煩わしさから解放してくれる、XF18-135mmに惚れてる

こんばんは

さまぬこ

です。

 

f:id:ms_izm:20180625185127j:image

f:id:ms_izm:20180625185139j:image

レンズ交換を気にせず撮影に専念できる使い勝手の良さと、適度なサイズ感が魅力のXF18-135mm。

高倍率ズームレンズと侮ってしばらく敬遠していましたが、今や手放すことのできない存在です。

 

出勤の際、持ち出すレンズを選ぶ時間も楽しみの1つですが、その日の荷物量で選択肢から外れるレンズが多くあります。

あと、撮影するかわからないけれど、何となくカメラを持ち出したい。

 

f:id:ms_izm:20180625185933j:image

そんなレンズ選びに迷った時の一本として真っ先に手が伸びるのは、XF18-135mmです。

X-T2とのマッチングも良い。

フードも邪魔にならない大きさで好感が持てる。


f:id:ms_izm:20180625185937j:image

涼しさを感じる小川のせせらぎ。

昼間の撮影において、画質への妥協は感じない。

 

f:id:ms_izm:20180625190637j:image

以前の日記に載せたお気に入りの空。

Lightroomでチョチョいと現像。


f:id:ms_izm:20180625190644j:image

水滴や花の描写も素晴らしくて、ビキビキくる。


f:id:ms_izm:20180625191142j:image

スッと鏡筒を伸ばして車を流し撮り


f:id:ms_izm:20180625190631j:image 

夕暮れ時のクレマチス

薄闇にひっそりと咲く雰囲気がお気に入りの一枚。

 

500gほどの重量に、納得の描写、ちょうどいいサイズ感。

そして、防塵防滴、耐低温、手ブレ補正仕様。

広角から望遠域までカバーした、普段使いに適した一本。

XF18-135mmは、これからも日常の記録レンズとして活躍してくれることでしょう。

いいレンズですよ( ´ω`)