さまぬっこ帳

たのしく。 マイペースに。 少しずつ自分色にカスタムできればと。

Loweproのウエストバッグをサイクリングで使ったら、撮影もはかどって快適な一日だった

こんばんは

梅雨まっただ中で、自転車に乗れない日々にモヤモヤしている

さまぬこ(@smnksn_fuji2)Twitter

です。

 

一昨日は、そんな梅雨の時期にあって珍しく雨が降らなかったので、6時間ほどサイクリングへ出かけていました。

f:id:ms_izm:20180617194222j:plain

この日の相棒はお馴染み、愛機の『X-T2』。

そしてレンズは、荷物を多く持てないときの強い味方『XF18-135mm』。

バッグはLowepro インバース200AWをチョイス。

 

このインバース200AWを、今回初めてサイクリングに持ち出しましたが、すこぶる快適でした。

  1. エスト型のバッグなので、背中が蒸れずに快適に移動できた。
  2. ショルダーベルトとウエストベルトの2点支持で、縦揺れに強く、万が一の落下の心配も少ないため、ペダリングに集中できた。
  3. 腰とお腹の行き来が容易なので、ペダリングに支障をきたさずに、カメラを素早く取り出して撮影に臨める。

f:id:ms_izm:20180619005227j:plain

撮影したくなったら、ワンアクションでカメラへアクセス。

 

荷物を入れすぎると下に垂れさがるので、私はレンズをつけたカメラボディ1台とブロワ、財布などの貴重品を入れる程度に留めています。

荷物が重いと余分に体力を消耗しますからね。

見てくれは大きいし、いかにも『カメラバッグ』という感じでカジュアルではないですが、本当買ってよかった。

サイクリングも、撮影も、どっちも楽しみたい自分には、ベストなアイテムです。

 

f:id:ms_izm:20180617193720j:plain

1個50円の焼き餃子を5個ペロリ。

財布をウエストベルトに入れてあるので支払いもスムーズ。

 

f:id:ms_izm:20180619005715j:plain

バッグの両サイドにはペットボトルも収納できるポケット付き。

景色を眺めつつ補給食のゼリードリンクで一服。

 

f:id:ms_izm:20180619005952j:plain

台地にある畑。

風を受けて回るペットボトル風車。

所々で給水タイムをとりながら、里山景色を満喫。

 

f:id:ms_izm:20180619010457j:plain

警戒心の強い虫撮りに高倍率ズームが活躍。

18-135mmはトリミングにもある程度耐えてくれるレンズです。

 

f:id:ms_izm:20180619010735j:plain

橋の欄干から。

 

f:id:ms_izm:20180619011210j:plain

豊かな自然の残る湿地公園。

 

f:id:ms_izm:20180619011833j:plain

 

 

f:id:ms_izm:20180619012433j:plain

また行きたくなる場所だった。

 

f:id:ms_izm:20180619011940j:plain

青RAZHA(ラザ)号と命名した愛車。

カッコいい。

 

f:id:ms_izm:20180619012245j:plain

光GENJI

 

f:id:ms_izm:20180619012647j:plain

田植えの進む水田を横目に家路を目指す。

 

f:id:ms_izm:20180619012852j:plain

f:id:ms_izm:20180619012906j:plain

帰宅して、青RAZHA号のお手入れ。

 

f:id:ms_izm:20180619012919j:plain

ピッカピカ。

 

 

f:id:ms_izm:20180617193906j:plain

時間にして約6時間。

移動距離は40km前後。

 

 

心地よい疲労感を覚えたサイクリングでした。

楽しかった。