さまぬっこ帳

たのしく。 マイペースに。 少しずつ自分色にカスタムできればと。

北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【序】

こんばんは

さまぬこ@smnksn_fuji2

です。

 

はじめに

※この記事は2017年12月、富士フイルムのカメラX-T2とともに6泊7日の鉄道旅に出たときの記録です。皆さんへお見せするというよりも自分用に旅の記録としてブログへ残しておこうという意味合いがやや強いです。

鉄道や鉄道旅に興味のない方には正直退屈な内容かと思いますが、それでもよろしければご覧になっていってください。

 

関連リンク

  1. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【序】←このページ
  2. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【初日①】
  3. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【初日 富岡編】
  4. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【初日②】
  5. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【2日目】
  6. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【3日目】
  7. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【4日目】
  8. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【5日目】
  9. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【6日目】
  10. 北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【最終日】

 

目次

 

北海道&東日本パスとは?

北海道&東日本パス(ほっかいどうアンドひがしにほんパス)は、北海道旅客鉄道JR北海道)、東日本旅客鉄道JR東日本)が共同で発売する特別企画乗車券。

JR北海道JR東日本青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道(IGR)・北越急行の各鉄道線の快速、普通列車の普通車自由席並びにJR東日本のBRTが7日間乗り放題となるフリーきっぷである。

Wikipedia

 

北海道&東日本パス』は『青春18きっぷ』のような期間限定発売のフリー切符ですが、青春18きっぷと異なる点としては、利用開始日を含めた連続7日間のみ利用可能という制約があることです。

※乗車ルールも一部異なるのですが、ここでは省略します。

制約の内容が若干厳しめであるぶん、価格は青春18きっぷよりもお得になっています。

 

【補足】青春18きっぷ

日本国有鉄道国鉄)旅客局が、運賃増収策の一環として企画し、1982年(昭和57年)3月1日に「青春18のびのびきっぷ」として発売を開始。1983年(昭和58年)春季発売分から現名称に改称した。

主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売され、原則として新幹線・特急・急行を除く旅客鉄道会社全線の普通列車・快速列車など、運賃のみで乗車できる列車に乗車することができる。

 Wikipedia

 

青春18きっぷJR線全線で利用可能。 利用可能期間中の任意の日に5回まで利用可能で11850円

北海道&東日本パスJR北海道JR東日本エリア限定。 発売期間と利用期間が定められており利用期間のなかで利用開始日を任意で指定し、指定した日を含めた連続7日間のみ利用可能で10850円

 

旅行の2ヶ月ほど前から準備していた

私は、この北海道&東日本パスを使って旅するため2か月前から宿の手配、旅程表を準備していました。

出発日ギリギリに宿を手配しようとすると満席で部屋が取れなかったり、宿泊代の高い部屋しか残っていない可能性があるからです。

 

f:id:ms_izm:20180527222127p:plain

今回の旅で使った旅程表の一部切り抜き。

この日は福島県郡山駅からのスタートでしたが、朝5時の始発から移動を開始しています。

移動開始が始発で目的地着が終電間近という日も旅程の中に一部存在しました。

さらに12月の東北といえば雪。

列車の運行状況が天候に左右されることも決して珍しくない時期でしたが、そんななかよくこの旅を思いついたなと自分でも思いました。

結果は奇跡的に初日と二日目に少し時刻ダイヤが乱れた程度で、あとは何のトラブルもなく終えることができました。

 

写真について

この旅行の数日前に富士フイルムのミラーレスカメラ『X-T2』を購入しました。

旅行のお供にどうしても連れだしたくて何とか間に合わせました。

記事に掲載する写真はすべてX-T2で撮影したものです。

 

記憶をたどりつつ…

この記事の掲載日から半年も前の出来事ですので写真を見返して当時の記憶をたどりつつ、少しずつ全日程書き上げていくつもりです。

途中で力尽きることなく書き終えられますように…。

 

それでは。

 

北海道&東日本パスでゆく6泊7日鉄道旅【初日①】へつづく。