さまぬっこ帳(更新停止)

本ブログは更新を停止し、新ブログ『青春レイルロード』へ移行いたしました。

ボディ内手ぶれ補正の安心感 X-H1&XF16mmで夜の街へ

おはようございます。

さまぬこ

です。

 

昨夜は自分なりにテーマを決めて、移動の時間を撮影に費やしていました。

 

そのテーマとは

広角レンズ『XF16mm R WR』ならではのダイナミックな構図を自分なりに考えて撮る!

です。

 

イマイチだったものもお気に入りのものも、全部まとめて掲載してゆきます。

撮影機材はカメラ(X-H1)とレンズ(XF16mm)のみで三脚未使用の全て撮って出し、絞り優先オート、フィルムシミュレーションはACROS。

それではどうぞ。

 

f:id:ms_izm:20180515072601j:image

SS 1/56 F1.4 ISO400 -1EV

 

f:id:ms_izm:20180515072839j:image

SS 1/20 F8 ISO1250 -1EV

 

f:id:ms_izm:20180515072941j:image

リーフスプリングシャッターのいたずら(誤写&手ブレ)

 

f:id:ms_izm:20180515073037j:image

SS 1/8.5 F11 ISO3200 -1EV

 

f:id:ms_izm:20180515073140j:image

SS 1/6 F11 ISO3200 -1EV

 

『画面端に遠近感が生じる』を念頭に入れているつもりでも、いざ撮影に臨むと上手く撮れない。

 

f:id:ms_izm:20180515073528j:image

SS 1/20 F14 ISO2500 -1EV

 

f:id:ms_izm:20180515073811j:image

SS 1/5.3 F14 ISO3200 -1EV

 

f:id:ms_izm:20180515073912j:image

SS 1/6 F14 ISO3200 -1EV

寄ってみる…なんか違う。

 

f:id:ms_izm:20180515074017j:image

SS 1/7 F14 ISO3200 -1EV

 

f:id:ms_izm:20180515074209j:image

SS 1/4.3 F14 ISO3200 -1EV

 

f:id:ms_izm:20180515074308j:image

SS 1/5 F14 ISO3200 -1EV

ようやくそれっぽく撮れたお気に入りの一枚。

これは後でプリントアウトするつもり。

左手前の像(太田道灌像)を手前に置きつつ、奥行のあるダイナミックな構図になった、と自分では思っています。

 

最後の最後でお気に入りが1枚でも撮れたなら上々でしょうか。

 

【撮影を終えて感じたこと】

テーマを決めて撮影に臨むと勉強になる。

現像を考えない撮って出し撮影は気楽で良い。(でもRAWの分割保存はしても良かったかも)

X-H1の手ぶれ補正の有り難み。(ちょっと遅いかな…というスロー気味シャッターでも割とブレないでくれる)

やっぱりXF16mmは楽しい。

 

ここ最近XF18-135mmばかり使っていたので、しばらくXF16mmとXF80mmの広角と望遠に絞ってみようと思っています。

 

…標準域のレンズ欲しいな…XF50mm F2とかXF56mm F1.2 APDとか。

 

それでは。